2019年11月17日

華の女子高生生活 in Vancouver (17)

【生徒名】moomoo
【性別】女
【生年月日】2002年1月18日(やぎ座)
【出身地】東京都
【留学先】カナダ国バンクーバー
【渡航開始時期】2017年4月
【コメント】中学時代英語赤点の常連だったmeがVancouverでlifeをenjoyしてしまっているそんな日常を、誠心誠意心を込めてお届けしたいと思っております。どうか温かい目でサラッと読み流して頂けたら幸いです。



17 November 2019

こんにちは!moomooです!

もうすっかり秋!秋といえばハロウィンですね!
日本でハロウィンといえば渋谷で大騒ぎ!!のイメージがありますが、ハロウィンは特に変わった事はしませんよって人も多いのではないでしょうか!

しかし、今年の私はかなりガチ!!ハロウィン本気で楽しみました(≧▽≦)
・・・というのもハロウィンの前日に開催されるhaunted house(お化け屋敷)があったからなんです!

舞台芸術のクラスでグループに分かれて各部屋の演出を担当し、演者にコンセプトを伝えて本番という流れなのですが、舞台芸術のクラスも演技のクラスも取っている私はフル参加でしたー!

本番1ヶ月ほど前から作り始め、ギリギリで完成した私達の班・・・(・_・;)

まぁサボりが多くて・・・。
4人メンバー居てほとんど私がやったんじゃないかな・・・と思うほど(笑)

私達のテーマは、古びたホテルの宿泊客が修道女たちに内蔵を食べられている部屋です。
一生懸命内臓作りましたよ!!
私達の部屋は最後の部屋なので、1番印象に残りやすいと言うことで結構な責任感でした(笑)

最後に待ち構えている修道女達のボスに脅かされた所に更に煙発射!!!で出口と言う流れが結構うまく行きました(*´ω`*)
この写真は実際の照明とは違うのですが、照明によって恐怖感が結構プラスされていました!

ここは私が役者として参加した部屋です。サイコパスでクレイジーな女の子(私)の部屋です。

先生や友達によると、この女の子かなり評判が良かったらしくクラストップの成績頂きましたー!!
友達だけじゃなくて知らない人からも良い評価を貰えたなんて・・・感激!!!

これはハロウィン数日前に購入し、友達にメッセージを書いてハロウィンの授業中に届けられるというお菓子詰め合わせ。直接もらわずに送られてくるっていうのもなんだか心が温まります(。・ω・。)ノ♪

ハロウィン当日は特に何もしない予定だったのですが、ホストに誘われ魔女のマントと帽子をかぶり、トリックオアトリートも行く予定なかったのですが、友達に最後のハロウィンなんだからと誘われトリックオアトリートも行きました(笑)

トリックオアトリートする年齢でもないのでただ友達のいとこを連れて徘徊しただけですが、ハロウィンムードはやっぱりテンション上がりました!!

カナダでは学校にみんな仮装してくるので文化祭のような非日常感が楽しめます!!
カナダで最後のハロウィンって事もあって、存分にハロウィン満喫したんじゃないかなぁと思いますね・・・。
それではまた次回!

~この記事の著者~

WSO センター