2020年02月15日

わたしのにっき。 (23)

【生徒名】Nacchi
【性別】女
【生年月日】非公開
【出身地】非公開
【留学先】ニュージーランド国オークランド
【渡航開始時期】2018年2月
【コメント】高校を海外で行くことは、考えたことがなかったけど、両親からの提案でそういう道もあるのかと興味を持ち、決意しました。行く前はもちろん不安で、慣れるのにも多少時間がかかったと思いますが、最近は楽しく充実した毎日を素敵なホストファミリーと過ごしています。「他人と違ってても、自分の人生の選択は自分でする。私のやりたいこと賛成し支えてくれる家族に感謝。」そう思いながら、自分のペースで、私らしく頑張っています☺



15 February 2020

こんにちは!
1月20日に日本から戻り、29日から1学期が始まりました。

学校ではたくさんのYear9の生徒(13-14歳)を見かけるのですが、小さい子は本当にかわいいです。
28日には新しい留学生用にオリエンテーションが行われたので、私も学校に行き、お手伝いと新しい生徒と顔合わせをしました。

ここで一つ小さな報告なのですが、なんと今年度、この学校のPrefect(生徒会)に立候補し選ばれました!

私の学校は、とても規模が大きく全校生徒が3300人ほどおり、生徒会はYear13の中から選ばれた50人で構成されています。
50人の中にもいろいろな分野ごとに分けられています。
例えば、スポーツ、アート(絵画以外にダンスや音楽、演技など)、それから環境、文化などなど。

ちなみに私は、留学生から男女一人ずつの女子として選ばれました!
とても光栄なことです。

実は、50人が正式に発表されたあとの1月上旬に合宿がありました。

精神的にも体力的にも鍛えられるような、決して楽ではない合宿でしたが、今年1年間一緒に活動していく仲間に初めて会うことができたので良かったです。
学校の規模が大きいことから、同じ学年でも会ったことのない人は山ほどいます。

この合宿を通して、学校に対してのこの役割の重要さを学びました。
きちんと自分の役目を果たせるように、忙しくなると思いますが頑張ります!

私の学校ではYear9-12は同じ制服、Year13のみ違うデザインの制服を着用します。

写真で分かるように、白いシャツに短いスカートはYear9-12で、Year13の生徒は青いシャツに長いスカートを着用します。

男子の制服はあまり変化がなく、シャツの色が灰色から白に変わるのみです。
後ろに立っている生徒がネクタイとブレザーを着ているのは、彼らが生徒会だからです。
普段は他の生徒と同じ制服を着ますが、一週間に一度、生徒会は正装で登校します。
ちなみにこの写真は去年のものです。

これは自分自身がブレザーとネクタイを着用した時の写真です。前から上級生が着ているのを見てかっこいいなって思っていました。

現地の子や周りの子と比べると、私は小さなアジア人なので一番小さいサイズのブレザーをもらいましたが、袖が少しだけ長いような気もします(笑)
ネクタイも長かったので、裁縫が得意なホストマザーに頼んで少しだけ短くしてもらいました。

ネクタイの切れ端(笑) ライオンの柄で、割とかっこいいです。

以上、小さな報告と制服の紹介でした!
読んでくれた方、ありがとうございます。

~この記事の著者~

WSO センター