2020年07月13日

華の女子高生生活 in Vancouver (30)

【生徒名】moomoo
【性別】女
【生年月日】2002年1月18日(やぎ座)
【出身地】東京都
【留学先】カナダ国バンクーバー
【渡航開始時期】2017年4月
【コメント】中学時代英語赤点の常連だったmeがVancouverでlifeをenjoyしてしまっているそんな日常を、誠心誠意心を込めてお届けしたいと思っております。どうか温かい目でサラッと読み流して頂けたら幸いです。



13 July 2020

こんにちは!moomooです。

みなさんも緊急事態宣言が解除され、徐々に生活が戻ってきた頃かと思います。

私の学校は、学校に来たい人だけ予約してきてね!先生がいるかもしれないし、いないかもしれないよ!みたいなラフな感じです(笑)
私の周りの人で行ってる人は聞いたこともありませんし、先生も、行かなくていいよ!オンライン授業やるからーってな感じ。
今現在、日本にいる私は結構ホッとしてます。
対面授業が始まるなんてなったら、遅れを取るかもしれませんからね・・・。

バンクーバーは規制のレベルを日本よりも早く下げたものの、まだ警戒意識は強いみたいです。
東京人の私からすればバンクーバーの自然は羨ましいです・・・。
こんな状況でも充分に体動かせますしね!
普段全く運動しない友達からも、「兄弟とサイクリングしてきた!」なんて報告をもらいました(笑)

こんなところでサイクリングしたい・・・。

私はといいますと、夜中の4時ぐらいまでオンライン授業があり、4時間半ぐらい寝て、有料自習室に夜8時ぐらいまでいるという生活を送っております。
なんせ受験も佳境に入ってきましたからね・・・もう時間が足りない!!
基本的に一日中誰とも話さず、誰とも接触せず、な生活です。
運動は自習室と家の往復10分の歩きぐらいですかね・・・ハハハ・・・。

何をそんなにやる事が?とお思いでしょう?

私、学校の課題やテスト勉強に結構無駄な時間費やしてしまうんです。
多分本当に効率が悪い・・・が!どうしていいかわからない・・・まぁ留学生はみんなこんなもんだと思いたい。
留学生からしてみれば現地生がさらっとやってしまうことを、2倍3倍の時間かけてやりますからね・・・。
まぁ私の気にしいな性格も邪魔してるのでしょうが・・・(笑)

なんだかんだで課題を終えたら受験生タイムが始まりまして、TOEFL、現代社会、小論文、漢字、出願書類準備もろもろをやります。
なんせ課題で時間押しまくってるので、まぁ焦りに焦ってわぁあぁぁあって言っていたら、いつの間にか夜中のオンライン授業。
これを何回繰り返したか・・・。
授業は白目剥きながら受けてます。

ただ、心理学の授業は面白いし、唯一誰かと話せる授業なので一日で一番楽しいところです!
授業の最後に課題が出されるまでは・・・・・・(~_~;)

そしてTOEFL home editionも受けました!

最初に言っておきます!緊急でないなら受けないほうが良い!!!

不具合で4時間のテストが6時間かかりました・・・。
そして5週間前に受けたテストスコアが、未だ返って来ておりません・・・。
受けてから2週間後に、試験日から4週間後までに来なかったら連絡くださいと言われ、まだ来なかったので電話したら、あと5日待ってくれと言われ・・・まだ来ません・・・。
出願に間に合えばいいのですが・・・せっかくうまく行ったのにーー!

兄も受けたのですが、試験中の不具合はなかったと言っていたので、私がたまたまなのかもしれませんが・・・。
急がないのであれば、いま家で受ける必要は無いかと思います。
メモとるのも普通の紙ではだめで、ホワイトボードなどでなければならないですし・・・とにかく色々面倒です。
直近のテストはモチベーションに繋がりますが、今は勉強だけしておいたほうが得策かと思います!

次回はバーチャル卒業式の話をしたいと思っています!お楽しみに!

~この記事の著者~

WSO センター