2020年12月13日

My high school life in NZ (6)

【生徒名】nana
【性別】女
【生年月日】非公開
【出身地】非公開
【留学先】ニュージーランド国オークランド
【渡航開始時期】2019年5月
【コメント】不登校からのリスタート留学で親元を離れ見知らぬ土地へ。それまでは自分が海外の高校生になるなんて想像もしていませんでした。最初は英語での意思疎通が上手くできず、知り合いもいないので不安でしたが、今では楽しく充実した生活を送っています。



13 December 2020

こんにちは。

今回は私がしているボランティアについてお話しようと思います。

私は週に一度、日本語補習校でボランティアをしています。
この補習校には、日本人の親を持つ幼稚園生から小学生の子どもたちが通っていて、日本語を勉強しています。
私の仕事は、授業中に先生のお手伝いをしたり、宿題をチェックしたり、子どもたちの読み書きのヘルプです。
たまにある行事やイベントにも参加したりします!

そして先日、ボランティアのみんなで企画した夏祭りが開催されました!
子どもたちに日本らしい夏を体験してもらいたかったので、ニュージーランドが暖かくなってきた時期にあわせました。

また、夏祭りということで、多くの子どもたちや保護者の方々、先生方が浴衣を着て参加してくださいました!
そしてなんと、私たちボランティアも浴衣を着せていただきました!
先生方や保護者の方々が人数分用意してくださり、着付けもしてくださいました。

これは女の子のボランティアみんなで撮った写真です!ボランティアは、この5人の他にあと2人の男の子たちがいます。ちなみに私は1番右の赤の浴衣です。

日本ではついつい白や紺などの無難な色を選びがちなので、今回は思い切って赤に挑戦しました!
赤の浴衣が似合うか不安でしたが、思いのほか評判がよくて嬉しかったです(*´`)
久しぶりに着る浴衣にテンションが上がりました!

今回の夏祭りは屋台がメインで、私たちボランティアは輪投げ、ヨーヨー釣り、射的の3つを出しました。
保護者会、理事会、教師会からは、くじ引き、箱の中身はなんだろな、かるた大会が出店されて、盛りだくさんの内容でした!
スタンプカードを作って配り、全ての屋台をクリアしたらお菓子をもらえるというシステムにしたので、一部の屋台に集中したりすることなく全ての屋台を回ってくれました。

これはヨーヨー釣りのブースです!ちなみに私はヨーヨー釣りブースの担当でした。

プールに水を張って、水風船でできたヨーヨーを浮かべています。
朝一からボランティアのみんなで150個近くのヨーヨーを作って、なかなか大変でした。

これは輪投げのブースです!

このように、時間があったので私たちボランティアも遊んだりしていました!

これは射的です!ちらっと写っている、法被を着ている子が男の子のボランティアです。

射的の割り箸鉄砲や輪投げの輪っか、ヨーヨーの釣竿などはボランティアのみんなで休日に集まって作りました!

これはかるた大会の様子です!学年ごとにわけて、違うかるたをしていました。

この写真は私が普段担当している学年のかるたです。
漢字のかるたをやっていたのですが、ちゃんと取れるかなーと親目線に近いような感じで見守っていました。笑
最後には大人の部があり、保護者や先生、ボランティアが参加していて、大盛り上がりでした!

屋台のあとは、みんなで盆踊りやじゃんけん列車をしました。
じゃんけん列車は至ってシンプルなゲームにもかかわらず、とても盛り上がっていました!!

夏祭りの後、保護者の方々から「子どもたちだけでなく親も楽しめました!」という声をたくさん頂いて、ボランティアのみんなで夏祭りを企画して本当によかったと思いました。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

~この記事の著者~

WSO センター