2021年04月01日

My high school life in NZ (12)

【生徒名】nana
【性別】女
【生年月日】非公開
【出身地】非公開
【留学先】ニュージーランド国オークランド
【渡航開始時期】2019年5月
【コメント】不登校からのリスタート留学で親元を離れ見知らぬ土地へ。それまでは自分が海外の高校生になるなんて想像もしていませんでした。最初は英語での意思疎通が上手くできず、知り合いもいないので不安でしたが、今では楽しく充実した生活を送っています。



1 April 2021

こんにちは。
今回も前回に引き続き南島旅行についてお話しします。

この旅行で、「一生に一度はやってみたい」と思っていたことをついに実現することができました!
それが何かというと、、、、、

バンジージャンプとスカイダイビングです!

これはバンジージャンプの飛んだ瞬間の写真です!

バンジージャンプは飛ぶのがとても怖くて足がすくんでしまい、やっぱりやめようかと思ったくらいでした。
でもツアーの友達がみんな声をかけたりしながら見守っていてくれたので、勇気を出して飛ぶことができました。

終わった後も達成感半分、恐怖半分といった感じで、なんだか頭がふわふわしていました。
私の中では達成感等よりも怖かったというイメージが強いので、バンジージャンプはもう二度とやりたくないなと思いました。笑

しかし、スカイダイビングはとても楽しくて、またやりたいと思えるくらいでした!

スカイダイビングでは、スカイダイブする高度までいく小さな飛行機の中が一番緊張しました。
高度が高いため途中から酸素マスクを装着したのですが、それが緊張を増幅させました。
ですが、いざ飛ぶとなるとあまり緊張せず、いつの間にか飛行機から飛び降りていました。笑

雲より上から飛びました!

景色がとっても綺麗ですが、この時は飛び降りたばかりでまだ周りの景色を楽しむ余裕がありませんでした。残念です、、

そして、小さい頃触ってみたいと思っていた雲の中も飛びました。この写真は雲の中にいるときのものです。

まさか、空に浮かんでいる本物の雲を触る日が来るなんて、思ってもいませんでした。
雲を通過した後、手に水滴が乗っていて、ああ雲の中を通ったんだなあと嬉しくなりました!

バンジージャンプやスカイダイビングの他にも様々なアクティビティをして、もちろん全て楽しんだのですが、私にとってそれらよりも楽しかったのは、新しい友達と過ごす時間でした。
長時間のバス移動中や宿泊施設で夜遅くまで友達と話したり、カードゲーム等で遊んだり、朝早起きして朝日を見に行ったり、このような何気ない時間がとても思い出深いです。

これは、ツアー中よく遊んだメンバーで撮った写真です。

このみんなとは、この10日間で本当に仲良くなって、出会ったばかりだとは思えないほどでした。
こんな友達に出会えたことは、この旅行での思いもよらない素敵な副産物でした。
観光と人との出会いどちらも含めて、本当にこの旅行に行ってよかったと思いました!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

~この記事の著者~

WSO センター