2017年02月17日

Growth in Vancouver (4)

【生徒名】とも
【性別】男
【生年月日】2000年1月25日(みずがめ座)
【出身地】東京都
【留学先】カナダ国バンクーバー
【渡航開始時期】2016年9月
【コメント】英語は苦手だけどしゃべりたい!という思いから留学。学校は大変だけど先生と友達に支えられながら留学してます!
【卒業後の進路】ランガラカレッジ一般科学専攻へ進学



17 February 2017

こんにちは!
四回目の日記です。

今回はカナダの学校で実際何をどのように勉強しているのかを紹介したいと思います。

この画像は数学の「Quadratic Function」(二次関数)についてのものです。アジアだともう少し早い学年でやると思いますので、最近留学してきたアジア人はみんなカナダの数学が得意そうです。。。

この画像は化学の「Stoichiometry」(化学量論)についてのものです。個人的にこのトピックが一番難しかったです!数学の文章題だけを解いているようなものなので、カナダの化学は数学以上に数学らしいです(笑)

この画像は英語の「Poem」についてのものです。内容としては詩の種類を学んで実際にグループワークで詩集を作ります。

この画像は社会の「First Nations」(先住民)についてのものです。恐らく一番新しい単語が出てくる教科なので、英語力を鍛えるのにいい教科かもしれませんが、留学生にとっては結構きつい教科ですね・・・。

この画像は日本語の「Ramen Adventure」についてのものです。僕の場合、日本の中学校を卒業していない関係で12年生の日本語の単位をカナダで取得しています(笑) 普段は日本語の文法や漢字を学んでいます(?)が、日本の文化交流のためにラーメンを食べに行ってレポートを書いたりすることもあります。

理系の教科は日本人にとっては簡単かもしれませんが、やはり解き方や定義などがかなり違っていたりするので一から学ぶ必要があります。
先生はランチタイムなどに行けば親切に教えてくれるので、わからないところはいつもそこで教えて貰ってます!

~この記事の著者~

WSO センター